花粉症シーズンの土曜日は特に混雑します

今シーズンは暖冬の影響か早くもスギ花粉の本格飛散が始まっています。
花粉症シーズンの土曜日は特に混雑します。可能な方は平日に受診していただく事をお勧めします。

直接来院される方には、アイチケットでのオンライン受付が始まる(午前診療では)午前9時15分までに、(午後診療では)午後2時15分までに窓口受付を済ませていただく事をお勧めいたします。この時間を過ぎると一斉にオンライン受付が始まるため順番待ちが多くなり、待ち時間が増えてしまいます。ご注意ください。
窓口での受付開始時間は午前が8時45分、午後が1時50分となります。

オンライン受付をご利用の方はこちらからどうぞ さねよし耳鼻咽喉科アイチケット


2月3日からスギ花粉飛散開始

東京都は2月3日からスギ花粉の飛散が始まったと報告しました。
青梅市と八王子市で飛散開始の基準に到達したようです。
東京都での飛散開始は過去10年平均より14日早くなったとのことでした。
当院では今週初めから花粉症患者さんの来院が多くなってきました。まだ症状の軽い方が多いですが、今後天気の良い日や暖かい日、風の強い日には花粉飛散が多くなりますのでご注意ください。


お勧めの花粉状況サイト

スギ花粉の飛散開始が近づいています
お勧めの花粉情報サイトを挙げます。
→ 環境省花粉観測システム(はなこさん)(ほぼリアルタイムでの飛散状況を確認できます。出かける前にぜひチェックしてください)
→ 遠藤耳鼻咽喉科・アレルギークリニックHP(都内で開業している私の先輩のクリニックHPで、私が最も信頼する花粉情報サイトです。1日当たりの花粉飛散数を確認することができます)


花粉症の初期療法について

日本気象協会は、今シーズンの関東地方でのスギ・ヒノキ花粉飛散数を例年比でやや少ないと予測しています。昨年7月の記録的日照不足が影響しているようです。スギ花粉飛散開始は2月10日頃の見込みとしています。
2020年春の花粉飛散予測(第2報)
花粉症には症状の出る前から内服薬などを予防的に使っていく初期療法があります。症状を自覚してから治療された方と比較して、症状の発現が遅くなり、症状が軽くすみ、症状の治まるのが早くなると言われています。初期療法を開始する目安ですが、花粉飛散の2週前頃からが良いと思います。1月下旬からの内服開始をお勧めします。


秋口のアレルギー性鼻炎

秋口になると鼻炎症状が悪くなるという患者さんが多くいます。
ブタクサやヨモギなどの花粉症の方もいますが、ハウスダスト・ダニアレルギーの方も多くいます。夏場の高温多湿な環境で増えたダニのフンや死骸が秋口に多くなる事が原因とされています。
可能であれば布団やカーペットを天日干しし、その後しっかり掃除機をかけ、空気清浄機を利用するなどの対策が必要です。

当院ではブタクサ・ヨモギ・スギ・カモガヤ花粉症およびダニ・イヌ・ネコアレルギーを指先からの簡単採血で20分程度で調べることができます。また前腕皮膚にハウスダスト、ダニ、スギ、カモガヤ、ブタクサの抗原液を滴下し、小さな針でごく小さい傷をつけ(痛みはあまりなく、傷跡も残りません)、皮膚での反応を見るアレルギー検査も行っています。


今年のヒノキ花粉飛散は比較的少ない予想です

そろそろスギ花粉飛散も終盤に入ったと言ってよいのではないでしょうか。例年4月に入るとスギ花粉飛散は徐々に少なくなっていきます。変わってヒノキ花粉が多くなる時期ですが、今年はやや違うのかもしれません。
平成30年度県内ヒノキ花粉雄花の着花量調査を見ると、平成24年度以降過去最低となったとの事でした。昨年のヒノキ花粉飛散数は史上最多となりました。その影響で今年のヒノキには元気がない?ようです。
今年のヒノキ花粉飛散は比較的少なくなるものと思われます。

 


予想外の今シーズンスギ最大飛散 (3/22)

桜も開花しスギ花粉飛散も終盤と思っていたら、3月22日に今シーズン最大のスギ花粉飛散が起こりました。(品川で開業する医局の先輩、ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニックHPより)
はなこさんを見ても、22日に飛散が特に多かったのがわかります。北関東が花粉飛散のピークをむかえ、北方向から多くの花粉が飛散したようです。


まだまだ花粉は飛散します

16日土曜日の外来は混雑したものの、9日と比べるとやや落ち着いていました。先週はスギ花粉飛散の多い日が続き、スギ花粉飛散ピークと思われました。
ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック(医局の先輩のクリニック)データを見ると、花粉の3分の1はまだ残っていると推測されます。
油断せず、花粉対策を継続してください。