横浜ベイスターズ最終戦

すごく久しぶりですが、横浜スタジアムに横浜ベイスターズ今期最終戦を見に行ってきました。

大洋が横浜大洋ホエールズにチーム名を変更し、本拠地を川崎球場から横浜スタジアムに移した時からのファンです。(というか正直なところ、遠藤、斉藤(明)、田代、スーパーカートリオの時代からリーグ優勝、日本一を達成した佐々木、斎藤(隆)、谷繁、マシンガン打線の時代には熱狂的なファンでしたが、最近はかなり冷めてしまっていました!)
横浜ベイスターズの身売り話があがっており、今日の試合が横浜ベイスターズとしての最終戦となるかもしれません。何が何でも応援しなきゃという気持ちが突然わいてきて、ベイスターズの熱烈なファンである友人と応援に行ってきました。
観戦中、これまで応援してきたホエールズ、ベイスターズの思い出を語りながら(田代、駒田のダイナミックな三振・ホームラン、遠藤のフォーク、盛田・佐々木のダブルストッパー、屋鋪・加藤博一・高木豊の盗塁ショー、ミヤーン・ポンセ・ローズといった強力助っ人陣、横浜大洋銀行という不名誉な呼び名など!)楽しい時間を過ごすことができました。
試合の方は、先発高崎が無失点ピッチング、松本・筒香がホームランを打ち、最後は山口がきっちり抑え、2-0でタイガースに快勝しました。(筒香のプロ入り初安打となったホームラン、マートンの日本プロ野球シーズン最多安打となった214安打目を見ることもできてラッキーでした。)
ぜひ来期も横浜スタジアムで横浜の名前を残して戦ってもらいたいものです。残ってくれたら再び熱狂的なファンになれそうです。


駐車場について①(H22.11月~)

H22年11月からの駐車場変更のお知らせです。
現在の当院駐車場です。
入口右端に設置された看板を見てお気付きの方も多いと思いますが、この場所にビルが建てられる事になりました。
そのため非常に残念ですが、この駐車場は10月いっぱいで使用できなくなってしまいます。
     

当院入口階段のすぐ下にある4台の駐車スペースです。
11月からこの4台中手前2台が当院駐車場ります。

月極駐車場の看板が付いている場所には絶対に止めないでください。 

  

又、11月よりキーサウス(トイザらス)駐車場のサービス券(1時間券)を発券します。入場時に発券される駐車券をお持ちいただいた方に限り、受付にて会計終了時に、駐車券1枚につき1時間券1枚をお渡しします。
又、キーサウス駐車場サービスはせせらぎ薬局でも行う予定との事です。
詳しくはせせらぎ薬局でご相談ください。


アイチケット1

             

    

 

 

  
 さねよし耳鼻咽喉科ではオンラインで事前に診察の順番を確保できるシステム(アイチケット)を採用しています。
先日アイチケットの『まだかな』で待ち時間の目安を調べると、ありえないほどの時間が表示されるという方がいました。今日はこの件について書いてみます。

アイチケットでは『すぐいく』で順番をとります。必要事項を入力し送信すると、自分の受付番号が表示されます。(窓口で受付された方は、受付票に自分の名前を書いていただいた欄の番号が受付番号となります。)受付番号を覚えていれば『いまどう』や『まだかな』であとどれくらいで自分の順番となるかを調べることができます。
(もし受付番号を忘れてしまった場合でも『すぐいく』の操作時に入力した携帯番号で自分の受付番号を調べることができます。但し窓口で受付された方はできませんのでご注意ください。)

ここでひとつご注意ください。『まだかな』を利用する際に入力する受付番号とは、診察券番号(カルテ番号)ではありません。診察券番号を入力すると、ありえないほどの待ち時間が表示されてしまいます。
試しに当院の電話番号3311(みみいい)を入力したところ、13244分待ちとなりました。絶対にありえません!
今まで受付番号が9999まで入力できる設定となっていましたので、300を超える数字は無効となるように設定変更しました。

当院は予約なしでの診療が可能ですが、2回目以降はオンラインでの事前受付も可能です。(オンライン受付は携帯電話やパソコンから事前に受付を済ませ、自分の診察の順番が近づきましたら来院していただくシステムです。混雑状況や現在の診察の順番を確認できますので、初めて診療を受けられる方も直接来院し受付を済ませた後には順番まで外出していただいて結構です。) どうぞご利用ください。

さねよし耳鼻咽喉科アイチケット『いまどう』はこちら http://paa.jp/t/138601/


センター南駅前広場2

さねよし耳鼻咽喉科の入るビルから撮影した写真です。(当院は2階にあります)

左の写真、手前に見えるのが東急立体駐車場(VeLeV裏の駐車場)です。その向こう側には港北東急S.C.のきれいなビルが並んでいます。
開院当時にはこの東急立体駐車場はなく、平地の屋根なし駐車場がありました。当院から港北東急S.C.や昭和大学横浜市北部病院を直接見ることができ、逆にすきっぷ広場から当院を見ることもできました。
次に右の写真(さすがに、ここではパノラマ写真をうまく合成することはできません)、手前にドラックストアのクリエイト、その向こう側にKOUHOKU Auneが見えます。

この写真を見て、当院の場所をお分かりいただけるでしょうか?
センター南駅から当院を探すには、駅構内を港北東急S.C.側広場(すきっぷ広場)に出て、すぐ左手に見えるクリエイトの裏手にまわっていただければすぐに見つかります。駅から徒歩約2分です。センター南駅構内の当院看板、NAVITAマップを見ていただければわかりやすいと思います。


中待合室プチリニューアル

中待合室のイスをリニューアルしました。
診察の順番が近づいた方に待っていただくために『〇〇さん中待合でお待ちください。』とスタッフが呼びかけますが、時々『お母さん、仲町台で待ってくださいだって!』と子供の声が聞こえてきます。港北ニュータウンに詳しい方にしかわからない話だったかもしれません。
さねよし耳鼻咽喉科は横浜市営地下鉄ブルーライン仲町台駅の隣、センター南駅にあります。


センター南駅前広場

センター南駅前広場(港北東急S.C.側すきっぷ広場)の写真です。パノラマ撮影付きデジカメで撮りました。
さねよし耳鼻咽喉科が開院した2001年にはセンター南駅出口右側のKOHOKU Aune、その右の白いマンション、その右の肌色のマンション(工事中でした)、その右の白いオフィスビルもありませんでした。右端の東急立体駐車場、VeLeVもなく、当院から港北東急S.C.や昭和大学横浜市北部病院を直接見ることが出来ました。(当院は東急立体駐車場後ろのこげ茶色のビルの2階にあります。)
センター南駅前には新しいビルが次々と建ち、その景観は年々変わってきました。きれいな街に進化し続けているセンター南は私のお気に入りで、当院ホームページTOPにはセンター南駅前広場の写真を使っています。

(この写真なかなか条件がそろわないと撮れないんです。まず天気、季節、これは誰でも空が青くて緑の多い方が当然良いですよね。次に時間、当院ホームページに使うことが目的ですから、当院のビルが明るく写らなければ意味がないし、少し時間がずれると周りの建物の影がどうも気になります。室内から窓ガラス越しに撮影していますので反射も気になります。これらをクリアするには、経験上13~14時がベストと考えています。そして最後にデジカメが合成するパノラマ写真ですから、写真と写真のつなぎめがいかに目立たないか、これが1番のポイントになります。この写真ではAune右の白いマンションと肌色のマンションの間がつなぎめになります。
上の写真は、天気、緑、日当たり、建物の影、つなぎめは自分的にOKだったのですが、写真右下が反射してしまいボツとなった写真です。現在ホームページTOPの写真は、工事中のビルが写っていることでもおわかりのとおり、少し古いんです。うまく撮れましたら更新したいと思います。)


開院から9年半の歳月が経過しました。

当院が開院したのは2001年3月19日。早いもので9年半の歳月が経過しました。
2001年といえば、世の中では大事件9・11テロが発生した年になりますが、耳鼻科的にいえば、スギ花粉が多く飛散した年でもありました。
当院が開院した3月19日は、天気も良く、スギ花粉が非常に多く飛び、開院初日にもかかわらず50人弱の患者さんに来院していただきました。9年半もの歳月が経過したにもかかわらず、つい先日の出来事のように思えてしまいます。
世の中は追いつけないほどのスピードで日々進歩していますが、医学の分野でもそれは同じです。取り残される事のないよう、常に新しい知識を取り入れる努力をしていきたいと思います。これからも地域密着の耳鼻咽喉科医として、皆様の健康管理のお役に立ちたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。