24日の外来は大混雑しました

花粉の急増に伴い、24日の外来は大混雑しました。
アイチケットの開始前に40~50人近くの方が受付を済ませており、アイチケット受付開始と同時にさらに数十人のオンライン予約が入る状況となり、数分でオンライン予約をストップせざるを得ない状況でありました。
大変ご迷惑をおかけいたしました。
今年の花粉は例年よりはやい時期に集中しているようです。いましばらく厳重な注意が必要です。


23日は極めて多い花粉飛散がありました

2月23日火曜日は極めて多いスギ花粉の飛散がありました。
23日は外出していた方も多いのかと思います。特に子供はマスクをしっかりできていないことも多く、花粉症症状の悪化が心配されます。できるだけ外にいる時間は少なくしましょう。
家の中に花粉が入れない工夫も必要かと思います。洗濯物は室内に干し、外出から戻られたら室内に入る前に花粉をしっかり払い落としましょう。花粉の付きにくい衣服選びも必要です。


スギ花粉症の患者さんが増えてきました

2月14日頃からスギ花粉飛散数が増えてきたようです。
雨の翌日には多くの花粉が飛散する傾向にありますが、
本日2月16日、急に症状が出てきたとして来院する方がいました。
本格的な花粉シーズン突入です。十分な花粉対策をお願いします。


お勧めの花粉情報サイト

スギ花粉の飛散開始が近づいています
お勧めの花粉情報サイトを挙げます。
→ 環境省花粉観測システム(はなこさん)(ほぼリアルタイムでの飛散状況を確認できます。出かける前にぜひチェックしてください)
→ ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニックHP(都内で開業している私の先輩のクリニックHPで、私が最も信頼する花粉情報サイトです。1日当たりの花粉飛散数を確認することができます)


花粉症の初期療法について

花粉症の季節が近づいています。
花粉症の治療には、症状の出る前から内服薬などを予防的に使っていく初期療法があります。症状を自覚してから治療された方と比較して、症状の発現が遅くなり、症状が軽くすみ、症状の治まるのが早くなると言われています。初期療法を開始する目安ですが、花粉飛散の2週前頃からが良いと思います。1月下旬からの内服開始をお勧めします。


帰国者・接触者相談センター / 発熱等診療予約センター

新型コロナウイルスを心配する方の相談先、帰国者接触者相談センターの連絡先が変更となりました 045ー550ー5530 となります

当院では新型コロナウイルス感染症の診断および治療をすることができません。
帰国者・接触者相談センターに相談をお願いします。

当院は発熱外来を設置しておりません
インフルエンザや新型コロナウイルスを疑う発熱等の症状がでた時には発熱等診療予約センター(発熱外来を設置する病院での診察を予約)でご相談ください
当院ではPCR検査、インフルエンザ検査を行っておりません

発熱等診療予約センター → 0570-048914
あるいは 045-285-1015 (午前9時~午後9時 土日祝日含む)