6月から土曜日の診療時間が変わります

6月から土曜日の診療時間が変わります
14時から17時の診療時間枠がなくなります

【窓口受付】
8:45~13:00(9:00から診療開始)
【オンライン受付】
9:15~11:00

*混雑時にはオンライン受付を早めに終了する場合があります


院長ブログのURLが変更となりました

サーバーの老朽化にともない、さねよし耳鼻咽喉科院長ブログページの変更が必要となりました
新URLには自動でジャンプします

(旧URL)http://www.doctors-guide.com/blog/saneyoshi/

(新URL)http://blog.saneyoshijibika.com/


直接来院される方にはオンライン受付開始前の来院をお勧めします

耳鼻咽喉科は花粉症時期2月初めから4月上旬にかけて最も混雑する時期になります。

直接来院される方には、アイチケットでのオンライン受付が始まる(午前診療では)午前9時15分までに、(午後診療では)午後2時15分までに窓口受付を済ませていただく事をお勧めいたします。この時間を過ぎると一斉にオンライン受付が始まるため順番待ちが多くなり、待ち時間が増えてしまいます。ご注意ください。
窓口での受付開始時間は午前が8時45分、午後が1時50分となります。

オンライン受付をご利用の方はこちらからどうぞ さねよし耳鼻咽喉科アイチケット


1月4日より通常通りの診療です


あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします
新年の始まりはとても穏やかな気候、寒すぎず、風もない1日となりました
写真は川和富士からの元日の日の入り風景です
新年は1月4日から通常通りの診療となります


年末年始休診の予定について

もうすぐ師走、今年もあと1ヶ月ちょっとになりました。
当院の年末年始の休診予定についてです。
12月27日(木)から1月3日(木)まで休診となります。
年末年始の外来は混雑が予想されます。ご注意ください。


人工知能 (AI) がインフルエンザを診断

先日、AIがインフルエンザを診断するという研究が行われているという記事を目にしました。
インフルエンザ患者さんにみられる咽頭後壁のリンパ濾胞の腫れ方や色調などの画像をAIが学習し、その診断精度を高め実用化を目指していくというものです。
咽頭後壁のリンパ濾胞はインフルエンザで腫れることがあります。インフルエンザ流行時に高熱や強い倦怠感などの典型的な身体症状があれば、医師はそのリンパ濾胞をインフルエンザによるものと判断することができます。しかしリンパ濾胞は他の感染症でも腫れることがある(他の感染症によるものの方がはるかに多い)ので、身体症状があまりないものではインフルエンザウイルス感染に伴うリンパ濾胞腫脹と判断できない事があります。
医師には、「流行していない」「症状が軽すぎる」「熱が出ていない」「細菌感染症の特徴がある」などのインフルエンザとしての診断を遅らせる勝手な思い込みを持ってしまう可能性が少なからずあります。しかしAIにはそれがなく、リンパ濾胞の腫れ方や色調などの特徴がインフルエンザとして当てはまるか否かのみを判断するんだと思います。AIが学習すればするほど賢くなり、医師の視診による正答率を上回るのに時間はかからないんだと思います。
自宅でインフルエンザを診断という時代がくるのかもしれません。

11月22日木曜日、23日勤労感謝の日と連休になります。24日土曜日は混雑が予想されますのでご注意ください。